メンテナンス

患者ケア補綴処置の完了時には、感染管理手順の実施方法に関する情報を提供し、患者を指導することがとても重要です。

フォローアップ

フォローアップのための定期検査システムを各個人に合わせて、患者に固有の危険因子が確認できるか検討する必要があります。 補綴処置の実施と1年後のフォローアップに撮影したX線写真が、骨レベルの評価のベースラインとなります。

 X線画像X線画像

 

049