アンキロス インプラントシステム

真のTissueCareのために。 これは、硬組織と軟組織の長期的な安定性、継続的な審美性、および患者が何年間もクラウン辺縁部が見えることを気にせずに笑顔になれると皆様が確信することを意味します。

 

概要

TissueCare Concept - 魅力的で長期的な成功率

25年に及ぶ堅牢性、安定性、信頼性:アンキロスインプラントシステムは、すべての臨床症例に対応して、予知性の高い自然な審美性とトップクラスの機械的安定性を実現します。 コネクションのデザインは、初期および長期的な組織の安定性を得るためにテーパー形状になっています。 ティッシュケアコネクションは極めて精密で、マイクロレベルの動きがほとんどなく、ほぼ完璧に細菌を防ぐことができます。 また、セルフロックテーパー接合による摩擦ロックの機構により、骨吸収を防止して健康で安定した硬組織と軟組織を確保します。

新しい展望 - 予知性の高い組織の安定性

皆様と患者に安定した予知性の高い結果をもたらすのは? アンキロスインプラントシステムがその答えです。 独自のテーパー形状のティッシュケアコネクションは、インプラントとアバットメントの間の移行部をインプラントの中心に移して機械的な影響を防ぎ、インプラント周囲組織への微生物の攻撃を防止します。 また、インプラントショルダーに周囲の軟組織のためのスペースが追加されます。 歯槽頂下への埋入とマイクロ構造のインプラントを組み合わせることで、アバットメントまでの骨細胞の堆積が可能になり、軟組織層の支持が強化されます。 持続的な赤と白の審美性を得るための理想的な条件。

シンプルな術式。 適切な補綴物を自由に選択

使いやすく、要求度の高い症例で優れた機能的および審美的結果が得られるのは?

アンキロスインプラントシステムの埋入システムでは、歯槽頂下への埋入の症例でも、インプラントショルダーを確認しながらインプラントの正確な位置決めが可能です。 また、漸進的なスレッドデザインにより、インプラントを所定の位置に簡単にスクリュー固定でき、組織の維持が強化されます。ティッシュケアコネクションはまた、セルフロックテーパー接合による摩擦ロックキーの機構のため、外科処置と補綴処置を完全に独立して行なうことができます。 また、1つの直径ですべての補綴コンポーネントに対応できるため、あらゆるアバットメントとあらゆるインプラントを要望に応じて組み合わせることができます。長期にわたる卓越した結果と経済的な治療を実現し、保管要件もゆるやか。

ANKYLOS logotype web
049