ザイブ インプラントシステム

妥協がありません。 その意味は?

すべての骨質での初期固定、制限のない外科的および補綴的自由度、およびこれらをすべてふまえた徹底したセキュリティにより、要求度の高いインプラント歯科の問題を克服できます。

革新的な機能性 – 卓越した審美性

XiVE System Folder Title Illustration柔軟な選択肢、汎用性の高さ、優れた初期固定。10年以上にわたりこの確かな結果を提供してきたザイブインプラントシステムでは、外科処置、補綴処置においてもその制約のないインプラント治療を提供します。革新的なスレッドデザインと骨質に合わせた埋入窩形成プロトコルは、どんなタイプの骨質でも非常に安定した初期固定を得ることができます。補綴処置における幅広いソリューションは、難症例であっても実用的で信頼性の高い補綴処置を可能にします。ぜひお確かめください。

柔軟な外科処置 – 汎用性の高い補綴物

ザイブインプラントシステムは、補綴物と外科処置の適応性ができる限り得られるようにデザインされています。 多機能のコンポーネントにより、革新的な補綴を実現するためのあらゆるオプションを利用することができます。 セラミックのセルコンアバットメントは卓越した審美性をもたらします。また、オーロベースなどの鋳造アバットメントを使用すると、初期状況が難しい症例でも、インプラントの上部表面から、機能的にカスタマイズされた補綴ソリューションを適用できます。 これらの補綴コンセプトは、ここ10年の間に、世界中の歯科技工士とインプラントロジストの皆様、および患者の第1の選択肢になっています。 皆様のインプラントの選択肢 – 患者のための最適なソリューション。

XiVE Prosthetic Overview

完全なコンセプト – 確実な初期固定

安定的かつ確実で、必要な場合には即時にも対応できるのは? ザイブインプラントシステムの特殊なインプラントとスレッドデザインがお応えします。 スクリューインのインプラントが骨に完全に適合します。 また、すべての骨質に使用できます。 良好な治療結果を得るために必要不可欠な極めて高い初期固定をもたらして、最新のインプラント学のコンセプトを実現します。

あゆみと実績  

XiVE Timeline 1990           


1990

カラーコード化されたフリアデントの補綴ラインアップを開発。フリアリットには1992 年から、ザイブには2001年から使用され成功を収めている。

XiVE Timeline 1999  


1999

より簡便でより経済的な、早期負荷を見据えたフリアロックインプラントのコン
セプト。

XiVE Timeline 2001 XiVE S_TempBase   


2001

カラーコード化された埋入用アダプターとして、テンプベースを備えた粘膜下埋
入型ザイブS インプラントを発売。

XiVE Timeline 2003 XiVE S 3_0   


2003

ザイブS インプラント3.0mm の導入。

XiVE Timeline 2003 FRIADENT plus surface  


2003

すべてのザイブインプラントが、革新的な FRIADENT® plus 表面で提供される。

 
XiVE Timeline 2005  


2005

審美性に優れたセルコンジルコニアアバットメントを導入。

XiVE Timeline 2009 SIMPLANT  


2009

市場で主流のSIMPLANT®ソフトウェアに基づいた、コンピュータガイドによるザイブインプラントシステムガイデッドサージェリーを発売。高精度と使いやすさを目的として特別に開発されたスリーブ・オン・
ドリルシステム。
 

Timeline XiVE 1990_2014_Without text

XiVE logotype web
049